HOME > 労務トラブルの防止

最新情報

一覧を見る

2022.08.03

キャンプ参加人口とキャンプ用品市場がここ数年伸びているといいます。

コロナ感染の影響でそれが加速したのです。屋外なら密になりにくいし

自然指向のレジャーは楽しいのに加え、ベランダでテントを張るなど自

宅でアウトドア気分を楽しむ人が増えているのだそうです。子供時代に

家族や友達とキャンプに行って、川で魚を取り、コンロで焼いて食べた

り、バーベキューの肉を皆でわいわい言いながら頬張ったりした楽しい

思い出がありますね。日が暮れて薄暗くなると拾い集めた木々を焚きそ

の周りを囲んだり、帰り際にはテントをたたんだりキャンプ用品の後片

付けなど共同生活には何とも楽しいものです。自然の中での遊びは皆が

生き生きと過ごせる最高に楽しいひと時です。こうした新しい環境での

共同作業に対する個々の向き合い方は、自然の中での五感を刺激し合い

ながらそれぞれの創造力、関係性を高めるのに最も効果的な舞台であり、

演出でありでしょう。

この3年に及ぶコロナウイルス感染の猛威に私たちの生活はずいぶんと変わり

ました。在宅勤務やオフィス外でのリモートワークが日常化し企業をはじめ人と

人とのコミュニケーションのあり方が大きく変容しました。企業ももう一度、根本

から仕事やチームの関係性を見つめなおすことが重要と考えられます。テレワ

ークを導入して初めて生産性が向上し効果が上がった、とは多くの経営者の再

です。

従来の固定観念や慣習に囚われない視点を持ち、新たな創造性、独創性がこ

れからの利益創出となり、そこに係る仲間うちの関係性に自らがどう関わってい

くことができるか。子供時代に経験したあのキャンプ生活のメンバー同士の関わ

りのように、今もう一度、日常と異なるアウトドアフィールドでの体験・気づきを通

して職場やチームを見つめ直す→考え直す→つなぎ直すことが問われているよ

うに思います。

労務トラブルの防止

労務トラブルの防止

セクハラ 解雇 労働契約 賃金 労働時間 休日休暇 配転・出向 …しこり残さず円満解決!
労務トラブルの防止とコンプライアンス
会社・従業員の実情に応じて 「勘所」を押さえたトラブルの解決に向け助言・提案いたします。

社員の関心度、ナンバーワンは、やはり賃金です。

社員の関心度、ナンバーワンは、やはり賃金です。のイメージ

企業の構造変化と雇用形態の多様化、個別化は今後、急速に進んでいくことが予想されます。こういう中、個別労使紛争は増加の一途です。紛争における斡旋代理は、労働問題の実務に明るい社会保険労務士が担う職域です。労務トラブルは裁判になる前にぜひ相談して下さい。
 
ある日突然、わが社員が見ず知らずの外部組合活動家とともに団体交渉を求めてきたら、あなたならどうしますか。
厳しい経営環境が続いている中、賃金の遅払い、退職金の減額、解雇、退職勧奨、出向、転籍、配置転換などの労働条件の変更をめぐる労使紛争が急増しています。また最近、匿名組合といわれる1人でも入れる労働組合が地域のあちこちに存在し、積極的に勧誘をしています。
 
労使紛争に巻き込まれると、紛争も長引きほとんどの場合、多額な解決金が必要となります。
労使紛争の原因や論点、その取った措置など経営上の合理性妥当性の根拠を、堂々と主張することが必要ではないでしょうか。一部の偏向した不平不満社員に対しては、言うべきことは恐れず、ひるまず、あきらめず主張する、勇気も求められます。労使課題に正面から取り組むためにも、申請書・答弁書の書き方から個別トラブルの斡旋代理まで、ぜひご相談下さい。