HOME > 行政是正勧告の対応

行政是正勧告の対応

行政是正勧告の対応

行政是正勧告の対応
律順守(コンプライアンス)は当然です。 会社の実績に応じた制度やルールを工夫し、柔軟な手立てを助言・提案いたします。

行政是正勧告の対応、サービス残業(賃金不払残業)・社会保険の未加入問題

行政是正勧告の対応、サービス残業(賃金不払残業)・社会保険の未加入問題のイメージ

労働基準監督官の立入り調査、巡回訪問、臨検、尋問が多くなっています。
残業の時間カウントと割増賃金が合わなかったり、時間管理が曖昧でずさんになっていると様々な是正勧告が期限付きでなされ、書類提出命令や出頭命令を受けることになります。
 
サービス残業(賃金不払残業)・社会保険の未加入問題は、摘発の2大テーマです。特に“みなし”や裁量労働時間制をめぐる監督官と企業の解釈に隔たりがあり、調整が困難なのが実情です。
このような事態にならないように貴社にあった柔軟な労働時間制の工夫や管理のあり方を、共に考えて生きましょう。