HOME > 助成金を活用した制度づくり・研修

最新情報

一覧を見る

2022.02.01

国内でオミクロン株の感染者が初めて確認されたのは2021年11月30日。新たな年が明けたころ(2022年1月2日)には、750人。そして1月末では7万8,130人と100倍超の感染が爆発的に増加しています。そしてまた変異の変異、ステルスオミクロンなる厄介な株が発生し脅威です。

今は我慢 がまん、いつかは晴れる、科学の英知によって、人類がウイルスに勝利する、との考えは空しい奢りなのでしょうか。デルタと比較すると重症化しにくい可能性があります。

引き続き一人一人がマスク・手洗い・人混みを避けるなどの感染対策をしていくことが自分や周囲の人を守ることにつながります。さらにご留意のほどを。

さて知らないうちに日用品や食料、ガソリン、公共料金など生活に直結する値が上がっています。一方、生産原材料や中間財などの高騰も目立っています。欧米のインフレもこのところ急速になっていてますます金融政策のかじ取りが難しくなっています。

そういうなか今年の春闘における賃上げ問題が、何かと議論になっております。「成長と分配」、新しい資本主義なる標榜のもと政権の具体策なるものに関心が寄せられています。

賃上げに取り組んだ企業には、税制面を中心に優遇策を講じるとは聞こえがいいが、その実行方法において果たして効果的な具体策があるのかどうか。

長引くコロナ禍、多くの中小企業では従業員の昇給を控えたり、賞与額を引き下げたりすることもあるだろうし、設備投資を控えることで成長しなくなったり、非正規雇用の割合を増やしたりするかもしれません。そうなれば将来不安からさらに消費を控えて貯蓄するようになるだろう。それによってモノが売れなくなれば、企業はさらに売価を下げる。このようなデフレスパイラルという負の循環に一度入り込んでしまうと、なかなかそこから抜け出すことができないのは日本が長きにわたって実証してきたことです。

インフレ下になりつつある今年度の春季賃金改定交渉がどのような結果となり、決着するのか。その動向に大いに関心をもっています。

助成金を活用した制度づくり・研修

助成金を活用した制度づくり・研修

国の助成を活用した制度づくり、職場活性化研修

雇用アドバイザーが、その専門性を生かして次のような、人事労務管理上の個別・具体的課題について、改善策を作成し提案します。

企画立案事項

  • 賃金の不満が強く、やる気をもってくれない・・
  • 昇給をしたいが、原資が限られている・・
  • 退職金の見直しをしたいが・・
  • 就業規則のどこを、どう変えたらいいの・・
  • いい人材が採用できない・・
  • 自ら挑戦して、豊かな処遇を勝ち取るシステムを設けたい・・
  • みんなの頑張りを公正に評価するには・・
  • 労働時間が長く、皆疲れ気味になっている・・
  • 現場の作業条件を改善、工夫したい・・
  • 高齢者に能力再活性を促したい・・
  • 整理・整頓・清掃・しつけ・清潔の5Sの基本ができていない・・
  • マナー・言葉遣い・報告・連絡・相談の基本を定着させたい・・
  • キャリア開発と自己啓発など職場の中に、”考える習性”を浸透させたい・・

ご利用料金

例示

  1. 仕事の価値序列(役割責任等級)の作成
  2. 賃金等処遇のシステム
  3. 公正評価の仕組みづくり

の3点セットで事業主負担は、35万円~40万円程度です。

社員教育の一つに「職場活性化研修」を利用してみませんか

目的・助成事業を活用
「職場活性化研修」は、職場管理者または中高年従業員に対して、自分の管理スタイルや職業能力の特性を再認識し、明日からの具体的な改善行動を促すことをねらいとします。それにより中高年が持てる能力や技術をフル活用して職場・従業員・企業をいきいきと元気にし、強いチームワークで競争力ある企業に生まれ変わります。

本当に必要とされる中高年社員人材に!自己改善プラン研修

専門能力習得 資格の保有 マンネリ克服 部下への指導力 変化適応能力 肉体・精神の健康 自分の弱点克服再活性 柔らか頭(がんこさ取り除き) もう一花、咲かそう!意欲 陳腐技術のブラッシュアップ 若い者とのコミュニケーション

管理者に必要な6つの基本テーマを学ぶ

管理者の役割使命 部下育成・仕事の与え方 リーダーシップ コミュニケーション 問題解決 目標のコミットメント

職場活性化研修の2例

職場管理者研修

対象:部下を持つ職場管理者
内容:従業員の高齢化が進む中で、部下をいかに活かしつつ、育てていくか。日々起こる問題をいかに解決していけるか、そんな一歩進んだ能力が、問われています。これからの管理者に必要な能力を理解しやすく体系化した形で学んでいきます。グループ討議を中心に具体的な職場管理の進め方を学び、「職場の活性化」を図ります。

生涯現役エキスパート研修~必要人材としての自分をプランニングする!~

対象:概ね45歳以上の中高年従業員
内容:「生涯現役として働くためには、どのような要件が必要か」「会社が必要とする人材として活躍するには何が必要か」を理解し、その要件に照らして「これからどのような取組や仕事への係わり方、工夫が必要となるか」に気づいていただきます。そして明日から私は何をどのように取り組んでいくか」ということをグループ討議通じて検討します。従業員個々の活性化に最適です。

本研修の特徴