HOME > 人事労務管理制度

最新情報

一覧を見る

2021.11.29

2022年10月に変わるポイント

また、来年10月からは、出生直後の育児休業が取りやすいように以下表のように改正されます。

  • 出生直後の育児休業取得が柔軟に

休業申請は原則1か月前までだったものを原則2週間前までに変更できるようになります。(ただし改正で義務付けられる内容を上回る取り組みを実施することを労使協定で定める場合は、1か月前とすることができる※1)

出産が遅れて子どもが生まれていないのに育児休業期間が開始したとのケースもあるので、休暇申請の猶予が増えることになります。

2.育児休業を分割して取得可能に

いままで育児休業は取得したら「一度休業をやめます」ということができず、分割取得ができませんでした。

また子どもが1歳を過ぎてから育休延長を希望する場合、育休開始日は1歳/1歳半と決まっていました。改正後は2回まで分割して取得ができるように変わり、1歳以降に延長する場合も育休開始日を柔軟に設定することができるようになります。(下表参照)

3、休業中の就業ができます。~産後パパ育休の場合、労使協定で※2~

 パパ育休制度では休業中に一定の日数は就業が可能となります。しかし当該従業員が就業してもよい条件を申し出て、その範囲内で候補日・時間においてなされることを労使協定で結んでおく必要があります。また就業可能日数などには、次の上限があります。

  • 休業期間中の所定労働日・同労働時間の1/2
  • 休業開始・終了予定日を就業日とする場合は、当該日の所定労働時間未満

育児休業取得状況を公表することを義務化

2023年4月1日からは、従業員1,000人以上の企業について「男性の育児休業取得率」または「育児休業など育児を目的とした休暇の取得率」を公表するように省令で定められます。これらの措置はまずは大企業から施行されるのが一般的ですが、段階的に規模の多寡に伴いしこされていくものと考えられます。ゆくゆくは就職や転職のときに参考にされる指標にもなるのではないでしょうか。関連記事として同レポート7月号に「育児休業から復職に向けて企業が行う手続き」を送信しております。

人事労務管理制度

人事労務管理制度

人事労務管理の企画・立案・設計

企画・立案・設計の仕事で大事にしていること

経営の思いを言葉に、言葉をかたちに(目標による管理システムの設計と定着)

経営の思いをはっきりと明示することは、なかなか難しい時代ですね。しかしこれなくしては糸が切れた凧と同じで、どこに飛んでいってしまうか、心配です。思いをはっきりと言及した、そしてその思いを一人ひとりの汗と知恵でかたち(成果)にする、このすばらしい集団力学を実践していきたいと思っています。

やる気づくりの賃金・処遇制度の設計

金・地位・名誉という誰もが求める処遇を、どのように組織のルールとして定着、運用していくか、このテーマをこれからも追求します。

業績向上に直結する成果配分ボーナス制度の設計

社長にとっては、社員の働きぶりに応じた給与や賞与を支払いたいのは、おそらく共通した考えではないでしょうか。とりわけ君は今期、なんぼ稼いでくれたんや!という発想こそが賞与配分の“ものさし”です。
賞与を出せるところ、出せないところがますますはっきりしてきています。
誰もが納得する成果の配分とすぐ使える業績連動賞与のシステムを考えていきます。

教育研修

人は城、人は石垣、人は堀…今こそ無限の可能性をもつひとづくりに賭けるときです!
経営者の期待が従業員に受け止められない。一人ひとりの頑張りが会社の成果に結びついていない。みんな真面目にほんまに一生懸命、働いているのになんでやろー。こんなやるせない不幸病に感染しないために…

自己活性化研修

今の仕事を見つめ直し、明日からの自分を考えよう、をテーマに体験学習と相互啓発を中心に「知り合い・気付き合い・学び合う」研修をしていきます。

中間ミドル研修

ミドルがしっかりした組織は、崩れない、といいます。逆に言えば課長が「あほ」なら潰れるということです。
中間層管理職にとっての役割とは何を、どうすることなのか。仕事の教え方はちゃんとできているか。
部下・後輩の指導育成が後回しとなって、片手間の仕事になっていても涼しい顔して何の問題意識も持っていない管理職がいる職場は、本当に困ってしまいます。
ベーシックな管理の基本をMTP(管理基本訓練)やTWIJI(監督者職業能力訓練仕事の教え方コース)を基に、現下のビジネスステージにアレンジ、分かりやすい内容で楽しく学んでいただきたいと思います。

成果主義人事推進のための制度設計

能あるものに役(仕事)を与え、功(成果)ある者に禄(報酬)を与えること。

  • 会社貢献・職場貢献度と賃金報酬(成果給・業績給)制度の設計
  • 役割責任等級(ジョブグレード)の設計および実績評価制度
  • 年俸制の設計と運用基準
  • 業績変動賞与・決算賞与など成果の適正配分基準
  • 貢献に応じた退職金
  • 目標による管理の運用マニュアル作成と運用指導
  • 確定拠出型年金の設計
  • 中小企業の退職金再設計

これからの労務管理制度の作成、規定の作成・運用指導

  • 就業規則の作成・見直し変更指導
  • 給与規程、退職金規程、旅費規程、成績・業績評価基準
  • 人事評価表、360度評価の設計、業績判定シート 
  • 専門的職種のグレード設計と昇格運用
  • 社内ITスキル・技術標準の設定
  • 昇進・昇格試験問題の作成と添削指導
  • 指導育成面談の受託サービス