岡本眞ブログ

2013.01.02

明けましておめでとうございます。

2013年、皆さんのそれぞれの思い・営みに乾杯!!そして拍手!!
新年、明けましておめでとうございますfuji。心配されていた寒波も緩み、京阪神は快晴の穏やかな元日を迎えることができました。今年は、新たな年を迎える準備を孤軍奮闘の大活躍をし、気持ちも充実しました。そして元旦もゆっくり、のほりんと過ごすことができました。皆さんもご家族おそろいの穏やかな新春をお迎えのこととお慶びいたしますsun
 さてお正月休みも今年は7日出勤のところが多いようですね。2日書き初め、4日御用始め、7草がゆ、初釜、鏡餅開き、成人式と暦には正月の行事が記されています。回りまわり繰り返される日々の営みが、人の常でもありますように今年もどうか、健康で愉しく過ごすことができるようにわが家のご先祖様に手を合わせご加持を祈りましたclover

同時に少しだけのわが子(僕)の成長を、亡き両親に報告しましたthink
辛いことが起きても感謝するようにすれば、随分心持が変わることをようやく実感として感ずるようになってきました。偉そうに言うのではありませんが、悲しいことも腹立たしいことも、感謝すればふっと気持ちが楽になるような気がします。
感情的人間である僕には、なんとも不思議なことですが、最近あらゆる出来事は自分が招いた現象である、との思えば妙に落ち着いて事に当たれるのです。
身の程以上の患いも来ない。来ても身の丈以上のものはできない、という自身の割り切りというか心の整理付けが楽にさせてくれています。
 辛いことが起きれば感謝する。悲しいことが起きても感謝、そう言い聞かせるとふっと楽になる不思議な感覚ですshine

 身の程を豊かにし身の丈も伸ばすことは常に心掛けたいことです。キャパが深く大きい人間に憧れますし自分もそうなりたいとの願望がありますから。

若気の至りで許されることも、いい齢した者が同じようなことをすれば顰蹙ものです。

eye僕は常々、”人は変わる”ということを意識しています。
人は教えられて賢く、愛されて優しく、躾けられて美しくなります。
人は認めれて、やる気が増し、苦しみに耐えて強く、大きくなります。
だから齢とともにいい顔になっていくものと考えています。それは生まれつき以上の後天的に育まれる周囲からの恵みと恩のおかげだと思っています。しかしこの素直な感受性は個人差が大きいのかもしれませんね。

cafeそんな思いを元旦の夜、つらつらと考えているうちに、思い当たった僕の今年の生活習慣7訓ですseven
ポイントは、良い食事をし、よい生活習慣を身に付け、適度に運動をし、充分に休養をとり、精神的に満ち足りたとき、最高の健康が得られるという結論です。

2013年、若々しく健康に生きるための7訓up
1、  ラジオ体操第一・第ニの励行 (夜・朝)
2、 腕立て伏せ20回 スクワット20回(夜・朝)
3、 朝パン・野菜、昼魚中心、夜腹7分(1口30回、よく噛む)
4、 睡眠夜11時30分 就寝 朝7時10分起床
5、 篠笛 毎日30分練習
6、 月1度 信州スケッチ旅行
7、 月収 余裕額○○万円 (経済的安定目標)
 3日坊主にならないよう自室の壁に貼りました~~。