岡本眞ブログ

2011.03.31

桜、さくらの新年度が始まります。

明日から新年度ですね。notes
今年は大きな災害が起こって何か浮かれた気分ではありませんが、例年4月1日はいろんな意味で人生のステップ・ポイントに当たると思います。
suncherryblossom
陽はますます眩しく強くなり、衣替えも楽しいものですね。
心も踊ります。
cherryblossomcherryblossomcherry
幼少時、桜咲く土堤の道をこれから通う小学校への道程を母と手をとりあって歩いたことがついこの間のように思い出します。
うきうきわくわく、という感じがぴったしの4月です。
school
6・3・3制の学校制度には、それぞれの脱皮する節目節目の思い出が皆さんにもいっぱい詰まっていることでしょうね。
pencilcherryblossom
中学校から高校生へ進学するときには同じ桜の季節でも、桜の花がより眩しく白く光を放っているようでした。
僕は田舎者ですから中学校は住みなれた狭い学区でした。高校にはより離れた大きなエリアから同期生集まってくるのです。
皆が大きくお兄ちゃんに見えました。チビだった僕はでも思いっきり背伸びをして入学式に臨みました。
run
それから故郷をはなれ大学に進学、それはもう解放感と希望に溢れた桜の時期でした。
桜吹雪 舞う躍動した4月でした。
地表からウオ~ンと いった温かいエネルギーのようなものが湧き出た18歳の桜季節でした。
dashclover
そして社会人、京都の洛北から単身、大阪中之島へ、いざ出陣!!春の風が期待と不安にいっぱいの背中を押してくれました。
memocherryblossom
大川にかかる肥後橋を行き交うサラリーマン達の颯爽としたテンポの良い歩き方にびっくり!!
バンカラで過ごした学生時代の意識が一変した強烈な桜のショックでした。
tulipcherryblossom
皆さんは若かりし頃の桜の色、匂い、そして4月の風をどのよう感得されていますか。
shadow
遠く過ぎ去ったノスタルジーは、今になってしみじみ思いだされますね。
noteshappy01
顔が思わずほころび、にやけて、笑えてくる人たちはいいですね。
clover
3週間前に起きた震災で多くの犠牲と悲しみを乗り越え、今必死な思いで頑張っておられる方々、どうか明日からの新たな季節の移ろいにも望みをもって力強く歩んでいかれるように切望いたします。
nightchair
今、4月1日を目前にした夜、なんか重苦しい気持ちをぬぐえないまま複雑な感じで過ごしています。