岡本眞ブログ

2021.06.02

先日、NHKBSで今年で歌手生活から引退する小椋佳のレコーディングを密着し、創作の苦悩に迫る本人のドキュメンタリー番組を見ました。

僕の兄と同世代の小椋佳、銀行員と兼業でシンガーソングライターとして華々しくデビューしたのが50年前というから月日の移り変わりはまことに早いものです

高校時代には「人生は何をするためにある?」と真剣に考え、悩み抜いたという。一時はそお答えが見つからず自殺も考えたとのこと。

そういう若者が簡単に東大を受かってしまうのだからただ者でない。

両親は琵琶奏者で義太夫を語り、演じていたとか。やはり血は争えないものです。生まれつきのDNAですね。

確かに小椋佳の歌詞には通常の歌謡曲によくある好いた別れたの、の言葉とは違う、深く難しいことばが歌詞に並んでいます。

彼は自ら「詩人」と言い、詩は言葉が言葉を生む縁語で成り立つと言う。

海と言えば小舟・小島・潮騒・カモメ・汽笛・白いシャツ・サンダル・小麦色の肌、、、、という具合にどんどん連なるそうだ。

特筆すべきは、「愛 燦燦」の歌詞です。

雨 潸々(さんさん)と この身に落ちて、、、

、、人は哀しい 哀しいものですね。

風 散々(さんさん)と この身に荒れて、、、

、、、人はかよわい かよわいものですね。

愛燦燦(さんさん)と この身に降って、、、

、、、人はかわいい かわいいものですね。

ああ 過去達は 優しく睫毛に憩う

人生って 不思議なものですね。

ああ 未来達は 人待ち顔して微笑む

人生って うれしいものですね。

どうですか。この言葉の響きは、何とも不思議なくだりとメロディですね。

言葉、一つ一つに気負いがなく、共感できます。

単語自体はとても難しいが、縁語が連なるととてもイメージしやすい、しかも「そうそう、わかるわ~」と引き込まれてしまう。

小椋佳のあのどちらかというと抑揚のない、ほんわか~とした歌い方にはまってしまう。一方で言葉のじわ~とした味わいがいつまでも余韻を残しています。

ポエム作家としての自らの経験と感性で、これほどまでに人間の内面を正直にとらえたシンガーソングライターは稀れあろうと思いました。

番組の終わりに、77歳となった小椋佳氏が自宅の屋上で家庭菜園を楽しむ姿がありました。土と戯れるのがなんとなく豊かな日課になろうとしているわが身に置き換え、嬉しくなりました。

2021.05.31

新型コロナ対応の緊急事態がさらにさらに延び、自粛生活が強いられそうです。

また私達にもコロナ”禍”という言葉を聞かない日がないぐらい、慣れっこになっています。

この禍という言葉には「災い転じて福となす」というポジティブな意味があるとのです。

メンタルヘルスの分野ではよく似た言葉に「レジリエンス」がありますね。

危機を経てもなおしなやかに立ち直るという意味です。

ほんとうに、このように “新型コロナによる経験も

きっと将来に役に立つ”、と言い聞かせてこれから

の諸事に臨みたいものですね。  

2021.05.26

ステイホーム中の週末、スマホのメモ欄をぼ~と眺めているといつぞやの新聞コラムに寄稿された心療内科の医大特認教授の記事を見つけました。

このコロナ禍、成人式ができなかった若者が不公平感を抱き、50代の男性に「昔の人は何でもできて良かったですね」と言う。

すると「昔は昔でどれだけ大変な時代だったか知ってる?」と即座に返してしまう。

そこに「ああ、そうだよね」という言葉を挟む余裕がない。

共感まで行かずとも一度、相手の言葉を引き取ってみることができず、すぐ自分の意見や信念を言いたくなってしまう。

「今の仕事がつらい」と相談しても

「でもあなたが選んだ仕事なんだから」と返されてしまう。

話が次に行かず本人には困惑しかありません、と。 

       

スマホ画面のあっ「いいね」ってあるじゃないですか。

あのポチぐらいの感覚、「そう、わかるわ」「ええやん!ええやん!」

そういう受け止めって、やっぱり必要ではないでしょうか。

「そうなん、そうそう!! ほんまにね。」

 

 寄り添う気持ちの ポチっですね。

                

人は自分をけなされたり軽く扱われると気分を害すものです。 

うぬぼれたり、一方、落ち込みもします。ほんと情緒不安定な生き物です。

                      

新型コロナウイルスが猛威を振るっています。何か息苦しいですね。

2021.04.19

春のやよいの あけぼのに

四方(よも)の山べを 見わたせば

花盛りかも しら雲の

かからぬ峰こそ なかりけれ

有名な雅楽「越天楽」の麗しい調べの歌詞ですね。

桜も終わり、山の木々は萌木色に染まっています。やがて新緑のまぶしい皐月晴れの季節です。ウキウキワクワク、生命の踊る輝きの季節。

しかし巷の世相、従来株をすっかり凌駕した変異ウイルスの猛威。どう「なってしまったのでしょう。

この地球上で、これまで人類が犯してきた横暴を神様がウイルスという使者に懲らしめ戒めさせているかのように思えてしまいます。いやきっとそうかもしれませんね。

まっ、こんな時期こそ「喧騒の街並みを逃れ、緑の風をきって走破し山紫水明の秘境を辿る」。そんな単独行へ思いが強まる季節です。

皆さんも“マイナスイオン”を胸いっぱい吸収して、コロナを吹っ飛ばそう!

2018.08.19

平成最後の後半年度に思うこと

お盆も過ぎいよいよ平成年度最後の後半を迎えようとしています。6月には大阪北部地方を地震が襲い、時をおかずに西日本を中心に豪雨が続き各地に大きな災害をもたらしました。そしてここ連日、命に危険を感じる酷暑が続きました。

この異常とも思われる気象状況のなか、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。改めて日頃から心身の健康状態に留意しつつ毎日を平穏で感謝の気持ちをもって元気で暮らしてゆきたいと思っています。

さて平成の時代も今年度限りとなりますね。来年5月には新たな元号と共に30年余の平成は終わりを告げます。

皆様にとって平成とはどのような時代でありましたか。

明治・大正・昭和と戦争と激動の時代を経て迎えた平成でありましたが、文字通り「地平かにして天成る」という穏やかで静かな安定した暮らしができましたでしょうか。人は生きるために共存共生が必要で社会も相互扶助の支えを基にしています。一方、生きんがための競争も不可避なものとして現存しています。

平成の時代は後者、むしろ競争の側面では国際的な枠組みでもって質を変えながら大きくこれまで以上に拡大し新たな格差や貧困も増大しているのではないでしょうか。

また私がその多くを過ごした昭和の経済高度成長期の活気が嘘のように今や全国、津々浦々に過疎化、高齢化が進んでいてどこも閑散とし山は荒れ放題、道路は凸凹、公園など空き地の草は伸び放題、学校や公共施設は老朽化している状態が目立っています。

仕事がら各地に出向くときいつも目に着くのはアーケード街に人通りなくシャッターが1日中閉まり、お店の看板は薄はげ、ペンキもはがれ錆に覆われている現象です。

市町村の活性化や興隆はもはや至難のわざになっていると言わざるを得ません。人々の豊かさの意識もGDPでは語れぬ限界に至っているのではないか、とも思ってしまいます。

最近、若い人たちをはじめストックする意識からモノを共有するシェアリングエコノミーへの生活は確実に進んでいますね。

つまり消費もモノからコトへと人それぞれの心の豊かさを充実させる方向へと移っております。モノを持つことが必ずしも生活に豊かさを恵むことにならないしむしろ邪魔なことぐらいに考えるこのような価値観の変化はこれからの消費構造に大きなインパクトをもたらすものと思われます。

実際に私達仕事の場面ではどうなるのでしょうか。今、働き方改革のもといろいろな法律規制が導入されようとしていますが、ほんとうに自分がやりたいことをやりたい時間にやりたい方法でコトを進めることができるような企業社会が生まれるかもしれませんよ。

AIに職が奪われる時代が来るともいわれています。

私達の生活の先行きは次の元号の時代では全く予測が不可能です。

しかしいつの時代になっても人の感動やら共感できる場所で同じ思いを持つ仲間達と一緒に事(コト)に触れそこで流す涙や汗がお互いの営みをなす原動力になることに変わりはないと思います。

ただはっきり言えることは既に経済一辺倒な社会から低成長容認社会へと変化の兆しは見えてきています。次の時代では低成長の中にも豊かさが実感できる成熟社会へ、その創世が問われるように思えます。

 

2018.01.08

皆様  新年明けましておめでとうございます。

本年も何とぞよろしくお願いいたします。

今年の元日は、京阪神全般穏やかなよい天気に恵まれましたね。早速、近くの鎮守の杜の神社に初詣に出かけました。昨年は確か小吉でしたが、ばっちり“大吉”でした。もっとも最近のおみくじなるもの当たり外れのない無難なものがほとんどと聞いています。それにしても新年早々、凶でも引いたらやはりショックですよね。

ところでおみくじの順番やパターンはいったいどうなっているかご存知でしょうか。

大吉・中吉・小吉・吉・半吉・末吉・末凶・小凶・半凶・大凶もの順番があるそうです。そしてその確率たるや大吉(18%)、中吉(9%)、小吉(12%)、吉(24%)、末吉(24%)、そして凶まとめて13%だということです。ただしこの数値はある地域での調査によるもので正式な調査団体によるものではありません。地域の神社によってこの数値ががらり変わることもあり、例えば東京の浅草寺等は凶が3割ぐらい含まれているそうです。災い転じて福となす(凶転じて吉となる)ことを売りにしていて、吉ゲットのラッキー感を演出させているようにみえますね。

おみくじは神様からのお告げです。だからたとえ凶を引いても自身の心がけとして1年緊張感をもって注意すりゃいいんですからね。狭い谷あいの道路なんかに「落石注意」って、表札がありますね。ああいう感覚でその辺りを通るときには風雨の強い時には避けるなり用心することと同じです。

 

まっ、そんなかんだでも“大吉”は良かったです。縁談やお産、転居はもう縁はないですがあとはやっぱ嬉しいことばかりです。やった~!という感じです。

この正月休みに読もうと年末に買った本があります。

「応仁の乱(中公新書)」、「100歳まで歩く(幻冬舎文庫)」、それに少し固めに「同一労働同一賃金速報ガイド(労働調査会)」と「職務・役割主義の人事(日経文庫)」です。

向学心のない体たらくの身、明日から“書き初め”と思しく机に向かって充電します。

 

2017.12.29

数々の話題と共に平成29年も過ぎ去っていきます。1年1年が歳をとるにつれほんと早くなってきます。年齢にともなって月日の経過スピードは比例するといつか聞いたことがあります。20歳の青年の1年は10歳の少年の2倍の早さで過ぎ、60歳以上の高齢者となるとその6倍もの早さとなる感覚です。

 

6倍というと1年12ヶ月ですから1年が2ヶ月間ということです。少し大げさかもしれませんが実感としては冬・春・夏・秋の4季がそれぞれ1ヶ月、計4ヶ月間が1年のサイクルのような気がしてなりません。

とくに今年は夏から一挙に冬になって季節感のない気候ではなかったでしょうか。

各地で異常気象が起こす風水害に見舞われました。野菜の高騰や魚介類の不漁も顕著です。

季節変動は大宇宙の法則からくるものなのか、それとも人間の飽くなき欲望がなせる技なのか、はっきりとは分かりませんがいつの世でも健やかで穏やかな月日の移ろいであってほしいものですね。

 

あとわずかに残す歳の瀬を、どうか無事故無病息災にご留意され晴れやかな新年を迎えられますように。

2017.10.31

11月の雅名は、神楽月(かぐらづき)って言うんですね。

そのほか霜月、菊月、雪待月、霜振月とやらもあるらしいです。

季語の挨拶用語にしても晩秋とか暮秋、向寒やら夜寒とも書くといいます。

立冬が7日で、小雪が22日というからほんと寒々しい言い方になるのも頷けます。

秋陽のつるべ落とし、日に日に陽も短くなっていきますね。

午後8時、戌の刻ともなれば辺りは真っ暗な闇。しかし月が満に連れてその闇を白々照らす秋の月夜。夜寒は身に染み静けさが覆う。どこからか儚げな篠笛の音が風に乗って漂う。

なんて、事を1人思い描くのは少々、現実離れの幻想でしょうか。

 

 ほんと1年1年がスピードアップして、あと2月もすれば「あけましておめでとう」さんの年替わりです。

そんな思いの昨今、ある6か月がかりのイベントを終えました。飽き性の自分が唯一長続きしている稽古ごとに篠笛があるんですが、その演奏をさせていただいた機会に恵まれたのです。下手は下手なりに練習を積み重ねなければ上達は愚かとても人様の前で奏でるなんてできないことはどんな稽古ごとにも共通です。

月に2度、師匠について習っているのですがその同じ生徒さんに同じ年頃の男性がいて、私が「なかなか練習できなくてえ~。」「練習読本、みてなかったわあ~」なんて言うものなら「そんなん、いいわけできないで。もっとせにゃあ~!」とぴしゃり。

あまりにごもっともなお叱りに何も言えない事が 日常になりつつあります。

つい先日、持ち歩いている手帳の巻末ページに、今年の抱負として1日30分、音程の飲み込みと音出しに考えながら篠笛の練習をする!」とちゃんと書いているのにこの様です。

何事も継続する意思を持ち続けることのなんて難しいことか。

こんな意志薄弱な思いは、数えきれません。20代のとき大阪梅田の旭屋で「リンガフォン」という英会話レコードを買って「さあ~英会話の上達するぞ!」と意気込んで、今や

外人が近寄って何か尋ねられそうなときはす~と逃げるという情けない姿です。ピアノも男の子2人が途中、ギブアップしてもったいないから仕方なし自分が手習いを始めて2年間で放り出し。なんやかんやで何一つ成就していないのです。

努力、継続には必要に迫られないと重い腰があがりませんし何よりもやって嬉しい楽しいことじゃあないとできません。その意味では取捨選択は自然でいいのです、と言い聞かせています。

いつか御金のとれる篠笛奏者として名を馳せたいなどとは思いませんが、かれこれ7年、続いている趣味は大事にしょうとは思います。

練習しなくちゃ上手くならない。この至極当然なことを“あたり前”としてもっと素直に受け入れなくちゃなりませんね。どうも私にはこの素直さが欠けています。

でも楽しみなことが少しずつ身に付き始めています。楽譜を見なくても知っている曲は不安定ではありますが音程に添って指が動くようになってきたのです。

これは大きな変化です。人との比較で自分のレベルをみるともうさんざんたる状態です。でも自分の内なるビッフォー・アフターの小さな小さな変化。これに気づいたのは大きな収穫です。

さあ~て。秋の夜長、彼方岸の向こうの“紫の君”を訪ねて夜な夜な練習に励むとするか。

2017.09.18

例年、この時期、台風が列島を襲います。この18号も多くの爪痕を残しようやく北の空へ去ってくれました。暴風雨の被害を受けられた九州や四国の被災地の方々には心からお見舞いを申し上げます。通常、台風一過は、秋雲のもと空も澄んでしのぎやすいんですが、空もあまりスカッとしてませんね。それでも彼岸花の茎ががむくむくと成長し、赤とんぼが気持ちよさそうに飛んでいます。

暑さ寒さも彼岸までといいますので、これからは本格的な秋の行楽日和になることをを祈ります。

 

さてこの3連休の初日は、遅がけの墓参も兼ねてふるさと母校の全学同窓会に出席しました。毎年、大阪からご祝儀で参加させていただいています。司会進行が輪番制になっていて、私より10年も若い後輩たちの活躍ぶりに大いにエキスをいただきこれからの励みと意欲にさせて戻ってきた次第です。

多くの先輩や後輩が国内外で活躍している姿を垣間見れる機会は学年を越えた同窓会組織がずっと存続してこそです。

時代世代の枠を超えた語らいのなかには人それぞれに受け取る感慨の違いはあります。

働き盛りの40代50代の方々は職場組織や経済の枠組みにしっかり組み込まれて、なかなか自分の自由な時間もとれないのではないかと思われます。同窓会の参加者も少ないのも頷かれます。

定年を迎えふるさとを離れ50年以上も経つにつれ昔の友達やふるさとの風情が懐かしく、気も向いてきます。 

あの“椰子の実”という歌詞に

故郷(ふるさと)の岸を 離れて

汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

旧(もと)の木は 生(お)いや茂れる

枝はなお 影をやなせる

とのくだりがあります。

そこまで大げさな感慨ではありませんが、ふるさとを思いやる気持ちは加齢とともにふつふつと湧いてくるものものですね。 これからの余生、いかに過ごすかなどと同期の友達なんかとよく話しをします。

しかし先日、亡くなった日野原ドクターの本を読んで、これからは”余生”なんて言葉は使わないと決めました。余生というのは人生の余りや付録ということで、先生は60歳代なんかはここからが新たな始まりなんだということを熱く述べておられます。

言われるとまったくそうですね。

90歳になられてミュージカルに挑戦されたり、98歳で俳句を始められた方です。

ユダヤ人哲学者、マルチン・ブーバーの言葉に『人は創めることを忘れない限り、いつまでも老いない』があるそうです。日野原drのモットーとその満ち満ちたエネルギーの有言実行ぶりには、周りにもビンビン感電してしまいそうです。

もはや人生100年時代に移ろうとしています。男性の平均寿命は81歳、女性は90歳近いです。この年齢はゼロ歳~亡くなる人の全平均ですので、今60歳の人はゆうに30年ぐらい生きられるということです。正に人生100年時代です。

「人生100年の計」が必要な時代です。

日野原ドクター曰く。60や70年は「人生100年のハーフタイムに過ぎません!」

「人生はアートです!」 

「どう死ぬかを考えるのはどう生きるかを考えることです!」

 

なんとも勇気のわく言葉じゃあないですかあ~。

さあっ~、仕事や!

さあっ~、篠笛の稽古や!

さあっ~、デートや(笑)!

さあっ~、○○○○や!

さあて

皆さんの○○○○は??

 

2017.08.16

今年のお盆休みもあっという間に過ぎて、さて今年も年末年始休みまでの後半戦が始まります。

皆さんはこのお盆休み、いかがお過ごしでしたか。

海や山に出かけたり、ゆっくりお家で過ごされたり、離れた家族と一緒に団欒したりしてそれぞれの夏休みを有意義に過ごされたことでしょう。

私も今年はことのほかゆっくり、読書三昧、昼寝三昧、それにちょっとあるイメージ曲の創作なんてことを洒落て試みながら過ごしました。

その中で読んだ本に百田尚樹氏ものがあります。百田氏といえば皆さん、ご存知のかなり偏向した思考の持ち主です。私も彼が何かとこれまで物議を醸す様子を苦々しく思っていた1人です。

しかし読んでいるうちにそのデータや事実根拠に触れ、ええ~、こういう考え方見方もできるものかと今までの思いが吹っ飛ぶことがありました。

この世の中いろんな考え方や見方があって当然です。それこそが民主主義です。楽しいことも辛いことも、嬉しいことも悲しいことも適度に混ざっている方が面白いですからね。

スマホやツイッタ―などで瞬時に社会の出来事が伝わり、その事実をあたかも発信側のナレーション付きストーリに置き換えられるとすると一体、何が本当のことか分からなくなってきます。

顕著な例として百田氏の発言と朝日新聞の情報とどちらを信じるかと言っても一般の者には分かりません。とかく話題の偽ニュースなのかどうかもさしたる判断が難しいです。

従って先ず一方の考えだけを聞いてそれをあてにするというか、鵜呑みにすることだけは厳に慎むべきことと思っています。何事も表と裏があります。

盗人にも一部の理があります。

人の営みの中に100対0なんてものはありません。意見や捉え方が異なる例がほとんどです。

あの人は大嫌い!という人がいるかと思えば反対に好き!という人もおりましょう。

こんな人とは金輪際、付き合わない!と突き放した途端、待ってましたとばかり別の方の意中の人となることもあります。

ここかようにこの社会、「捨てる神に拾う神あり」、「こちら立ててあちら立たず」、難しい組織論でいうと「部分適正であっても全体最適ではない」などいろんな矛盾がつきものです。

できることは片方の側から見るのは極力やめて両方の側に、しかも先入的に入っている自分の感情をいったんニュートラルにして、耳を傾けることが改めて必要なんだと改めて思いました。

これがなかなか厄介で難しいことなんですね。

まっ、何が正しくて何が間違いなんての答えを捜すわけでもないので、自分なりにいったん事の本末現象を周りのアンテナから覗き見ながら、自分なりの認識を再設計するという手段をもう一度、やってみるのも面白いのではないでしょうか。

そして行き着くところ自分にとって「好みか苦手か」の点末で判断すればいいのではないか、と思う次第です。

そのほうが人生楽しく愉快に過ごせますから。。

1 2 3 4 5 6 7